愛知県ライフル射撃協会 サイトマップ     問合せ
www.rifle-aichi.org トップ > 協会案内 > 競技参加要領(Q&A)

競技参加要領(Q&A)

主として月例会等、愛知県総合射撃場利用の場合
Q:  参加当日の受付方法を教えて下さい。

A: 参加当日の集合時間は、AM 9:00。受付場所はSB棟正面玄関内または、すぐ左の会議室 = 審査室内
なお、射場管理事務所の射場利用手続きは、下記手順 2.により担当者が一括手続きを実施します。
参加費に射撃場使用料も含まれています。
都合により欠席される場合は必ずご連絡ください。

Q:  その後の手順はどうなるのでしょうか。

A: 競技会参加手順
1.参加料の支払い
2.射場利用者名簿の記入
3.射座番号の確認
4.標的を受領し記入(使用標的とその取扱い・記入要領 )
  標的交換機にセットし作動を確認する。
5.開会式
6.競技(質問等は射場係に)
  愛知県内競技会における試合進行手順を参照
7.審査(競技終了後、お手伝いただけると助かりますし、ご自身の勉強になります。)
8.閉会・表彰式

Q:  試射的のC射撃順番(各姿勢ごとの一連番号)は、無記入でよいのでしょうか。
  または、試射1〜4と記入すればよいのでしょうか。

A: 「SS 1」〜「SS 4」と記入してください。(Sighting Shot の略)

Q:  10mS60競技中、標的の回収で輪ゴムでセットして射座後方に置くとは、どうゆうことですか。
   後方に落とすことになると思うのですが、すぐ近くに射場係の方がいてくださるのでしょうか。

A: そういうことです。
普通、立射の場合は椅子の上に置いたり、伏射マットを射座後方に置いて、そこへ落とします。
伏射の場合は少々やりづらいのですが、後方に放ります。
標的は射場係が巡回して回収します。

Q:  用具検査について教えてください。

A: 月例会などの県内競技会では、用具検査を略する場合があります。
県内以外の競技会では、まず最初に用具検査用紙を受け取り、記入後に受検します。
所持許可証・射手手帳・日ラ会員証も必要です。
また、銃には有効な日ラの認定シールを貼って、セフティーフラッグを挿入しておく必要があります。
日ラのオフィシャルサプライヤーで購入する等、事前に準備してください。

Q:  用具検査では、射撃ジャケット、ズボンは?

A: 競技終了後に必要と判断された選手等を対象として、装具類もフォローアップ検査が実施されます。
射撃ジャケットの硬さ等の心配がある場合は、競技の事前に任意検査を受けて対処して下さい。

Q:  立射スタンド、射撃用メガネは?

A: 全ての用具は規則に適合していないと判断されれば、競技中でも検査されます。

Q:  段級審査の申込用紙は、月例会受付で受け取れるのでしょうか。

A: 競技会受付の近くで、段級審査委員が受験受付けをしています。

Q:  11月の月例会では、10m競技はどうなるのですか。

A: 11月は10mライフルの県選手権大会となります。

ほかにご質問・ご不明な点があれば、 メールフォーム  を利用してご遠慮なくどうぞ。
匿名・匿メール希望での問合せは掲示板をご利用ください。

更新:2014/02/08