愛知県ライフル射撃協会 サイトマップ     問合せ
www.rifle-aichi.org トップ > 協会案内 > ポイント制

「ベストシューティング・ポイント制」運用規程(抜粋)

1.ポイント制の目的
(1)競技会に目標をもって参加することにより、各自の競技力向上を促進していく。
(2)競技会への参加意欲を高め、より多くの会員に参加をしてもらう。
(3)会員の自己記録を管理し、射撃競技レベルを把握できるようにしてレベル向上を図る。

2.適用範囲
(1)ポイント獲得対象競技会・・・・県ラ協主催の競技会(月例会含む)、日ラ協主催と関連事業の競技会。
(2)対象者・・・・・・・・・・・・対象競技会に参加した県ラ会員

3.ポイント制の内容

3−1.ポイント発生基準
ポイント発生基準
	(注1) 記録は個人の種目別本射得点と総合得点とし、団体得点は除外する。
	(注2) 区分ごとにポイントを加算する。
	(注3) 補足:入賞のトロフィー・楯等の授与は1位のみとする。

3−2.ポイントの活用
(1)発行ポイントカードの利用 
	@.発行ポイント: 獲得5ポイント以上を対象として、5ポイント・10ポイントの2種類のカードを発行する。
	A.発行時期: 前期は9月末、後期は3月末 の年2回とする。
	B.1ポイント対価: 100円相当額として評価し、ポイントカード単位で利用できる。
	C.使用範囲: 県ラ協が主催する競技会の参加料支払い時に、1競技種目につき2枚を限度に使用できる。 
	D.有効期限: ポイントカードは、発行日より1年間有効。
	E.有効範囲: 獲得者本人のみ有効とし、譲渡・貸借・換金等はできない。
        獲得者が県ラ協会員の身分を有する間のみ有効とし、退会・移籍時には無効となる。

4.ポイントの管理・運用

4−1.記録の管理
(1)記録広報委員長が県ラ協主催の競技会の記録を管理する。
      記録は、当該競技会での指定競技種目単位。
(2)日ラ協主催・関連事業の競技会での成績は、自己申告を原則とする。ポイント申請 自己申告フォーム
      日ラ協または主管団体のホームページに掲載された場合は、その成績を参照して反映させることもある。

4−2.ポイントの管理
(1)記録広報委員長の記録報告に基づき、理事長がポイントを管理する。
(2)年間の獲得したポイント合計を管理し、前述の前期・後期の年2回ポイントカードを発行する。
      カード発行後のポイント端数残は、次期に繰り越す。

5.広報・その他
(1)関連として、日本記録・県内記録(種目・得点・記録保持者)・個人記録・ポイント獲得状況等の情報を、
      県ラ協ホームページへ掲載して、広く会員に公開することに努める。 
(2)本活動は年度ごとに前年の実績をふまえて再計画する。
更新:2013/04/04