愛知県ライフル射撃協会 サイトマップ     問合せ
www.rifle-aichi.org トップ > 協会案内 > 会則

愛知県ライフル射撃協会会則 (抜粋、改定部分は別色

(目的及び趣旨)

第1条 この会則は、文化国家において、高尚なスポーツとして盛んに行われているライフル射撃競技を愛知県下に
    健全に普及発達させ、あわせてスポーツ文化の進展に資することを目的として必要な事項を定めるものとする。

(名 称〉

第2条 本会の名称は、愛知県ライフル射撃協会(以下「協会」という。)と称する。

(用語の意義)

第3条 この会則において「ライフル射撃競技」とは、次に掲げる銃器を使用して行う標的射撃の競技をいう。 (1) ビッグボア・ライフル銃 (2) スモールボア・ライフル銃 (3) 空気銃 (4) 空気けん銃 (5) 光線銃

(事業)

第4条 協会は、第1条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う (1) 県内においてスポーツとして行われるライフル射撃競技を統括し、これを指揮する。 (2) 県内のライフル射撃団体を代表して社団法人日本ライフル射撃協会に加盟する (3) 県内のライフル射撃団体を代表して財団法人愛知県体育協会に加盟する。 (4) 総合スポーツ競技会等において、他のスポーツ競技団体と協力してライフル射撃競技部門の企画、運営を行う。 (5) ライフル射撃競技の県内選手権大会を始め、各種ライフル射撃競技会を主催し、又は主管し、並びに後援する。 (6) 法令の定めるところにより、銃器の安全な操作及び射撃に関する知識、技能等の研究、開発及び教習を行う。 (7) ライフル射撃競技を通じて、健全な社会人の育成に努める。 (8) その他協会の目的達成に必要な事業を行う。

(会員及び入会手続)

第5条 協会の趣旨に賛同し、及びその目的達成に協力して会員になろうとする者は、別に定める入会申込書を会長に 提出し、理事会の承認を受けなければならない。ただし、顧間及び参与は理事会の推薦 により、本人の承諾を もって会員となるものとする。 2  前項前段の規定による入会申込書の提出には、会員となってから1年以上を経過した者の推薦がなければならない。 3  前項の推薦が得られない者は、理事長又は理事長が指名する者の面接を受け、会員としての各種義務の誠実な 履行を確約しなければならない。

(会員の義務)

第5条の2 会員は、次の各号に掲げる事項を会員の義務として誠実に履行しなければならない。 (1) 次条に規定する入会金及び年会費を指定期日までに納入すること。 (2) 第20条に規定する総会又は臨時総会への出席。ただし、やむを得ず欠席する場合は、委任状を提出すること。 (3) 協会及び社団法人日本ライフル射撃協会その他のライフル射撃競技団体が主催又は主管する各種競技会に積極 的に参加すること。 (4) 財団法人日本体育協会の推薦を受けて銃を所持する者は、被推薦者が負うべき義務を確実に履行すること。 (5) その他協会が会員管理に必要な基本的事項(氏名、住所、所持銃等)に変更を生じたときは、協会事務局に速 やかに届け出ること。

〈入会金及び年会費

第6条 前条の規定により会員となった者は、別表第1に定める入会金を納入しなければならない。 2  協会の会員は、別表第2に定める年会費を毎年指定期日までに納入しなければならない。 3  既納の入会金及び年会費は、いかなる理由が生じても返還しない。 4 第1条の規定による目的達成のため必要があるときは、理事会の承認及び会長の許可を経て入会金及び年会費を 免除することができる。

(資格喪失)

第7条 会員は、次の各号のいずれかに該当したときは、その資格を喪失する。 (1) 退会したとき。 (2) 禁治産若しくは準禁治産又は破産の宣告を受けたとき。 (3) 死亡又は失踪宣言を受けたとき。 (4) 除名されたとき。

(退会等)

第8条 会員が退会しようとするときは、その旨を会長に書面で届け出るものとする。 2 会員が協会の目的に反し、協会の名誉を傷つけ、又は第5条の2に規定する各号のいずれかの義務に重大な違反が あったときは、総会の議決を経て会長が除名することができる。
以下省略。主な改定は、別表に次の備考を追加。
生徒会員は、小学生、中学生及び高校生とする。
更新:2005/05/09