愛知県ライフル射撃協会 サイトマップ     問合せ
www.rifle-aichi.org トップ > 協会案内 > 競技参加要領(Q&A) > 使用標的とその取扱い

愛知県ライフル射撃競技大会における使用標的とその取扱い

1.主な種目の標的枚数

          50m3×20    (1圏的2発撃込み:40枚、4発撃込み:25枚)
                    (試射的各姿勢3枚、送り的1枚、予備的なし)
          50mP60      (1圏的2発撃込み:34枚、4発撃込み:19枚)
                    (試射的各姿勢3枚、送り的1枚、予備的なし)
          10mS60M ・ 10mP60  (64枚)
          10mS40W            (44枚)
                    (試射的4枚、1圏的1発撃込み)
          AP60M			      (34枚)
          AP40W・HR40           (24枚)
                    (試射的4枚、1圏的2発撃込み)

2.標的への記名要領

    (1)射群 (2)射座番号 (3)姿勢 (4)射撃順序(各姿勢ごとの一連番号)を明記する。
    試射的は、黒色で右上隅へ斜線をいれ、規定の距離から明瞭に本射的と区別できるようにする。
    当日参加受付時に手渡される標的の枚数確認の後、各自が記入する。150mは監的係が行う。
    50m連続標的は、下がスタートの送り的となり、上に射撃順序が進むことになるので要注意!

3.標的の取付と回収

  (1)150m:監的係(射手が交代で務める)が行う。射手は標的交換を射場長に告げる。
  (2)50m:標的交換機へのセッティング・回収は、各自の責任において行う。標的交換機の取扱いを参照
  (3)10m・AP:回収は各シリーズごとに輪ゴムでまとめて、射座後方に置くか射場係に手渡す。
更新:2014/02/08